トリヤマの大規模修繕工事「建物調査・診断」について

トリヤマの大規模修繕工事SYSTEM

DIAGNOSIS建物調査・診断

マンションの大規模修繕は、
建物の劣化状況を正確に把握することから始まります

数多くの物件を扱ってきたプロの調査診断士が、どんな建物の劣化も見逃さず、確かな診断を行います。
経年による建物各部位の劣化状態を綿密な現地調査により正確に把握し、劣化状態の診断と合わせてお客様にご報告させていただきます。
その診断に基づいて、修繕仕様の立案や積算見積を正確に導き出すためにも、重要なステップとなります。 調査結果に伴い改修仕様が具体的に提案できます。


見えない劣化も見逃さず、確かな診断を行います

STEP1予備調査

対象となる建物の概要、修繕履歴などを事前に情報収集。
現場の下見で立地条件などを付与して、調査計画立案の原データとします。

STEP2劣化調査

調査計画に基づき、劣化部の写真撮影など現地調査を行います。試験器具を用いて、外装塗膜の引張強度試験、ひび割れ測定など各種調査・試験を行います。

STEP3診断

調査データに基づき、各項目ごとに劣化の内容を把握します。
劣化の原因を突き止めるなどの診断を行います。

STEP4報告書作成

現在の劣化の状態・原因・対策などを写真入りで解説した報告書ファイルをお客様に提出。修繕時期の提案もいたします。

弊社のビルディングドクターが診断します!

トリヤマでは、建築仕上診断技術者の登録を受けた経験豊富なビルディングドクターが、プロの目で建物全体をくまなく調査診断いたします。
建物のみならず、まわりの環境、利用者の使用状況、居住者の年齢構成の変化など、少しずつ変わっていく住環境を的確に判断し、価値ある再生のための基礎データを作成します。

コンクリートクラック

コンクリートクラック

コンクリート欠落

コンクリート欠落

コンクリート浮き

コンクリート浮き


内部鉄筋露出

内部鉄筋露出

シーリング劣化

シーリング劣化

タイルクラック

タイルクラック


タイル汚れ

タイル汚れ

タイル欠落

タイル欠落

タイル浮き

タイル浮き


鉄部錆重度

鉄部錆重度

防水層亀裂

防水層亀裂

漏水

漏水